土砂災害防止月間 6月1日〜30日 2018/06/01
『みんなで防ごう土砂災害』土砂災害に関する防災意識の普及、警戒避難体制の整備等を推進するため、住民や砂防ボランティア等の市民団体と連携するなど、一人ひとりが防災意識を持ち土砂災害を防ぐための取り組みが実施されます。
環境月間 6月1日〜30日 2018/06/01
国連が1972年6月5日に開催された国連人間環境会議を記念して6月5日を「世界環境デー」に定め、日本はこれを環境基本法で「環境の日」とています。6月を「環境月間」とし、国や地方公共団体によって環境保全の行事が実施されています。
水防月間 5月1日〜31日 2018/05/01
国民一人ひとりが水防の重要性について理解し、水防意識の向上を図るため毎年5月(北海道は6月)を水防月間として、国土交通省や県・市町村等で、各種の行事が実施されています。 『洪水から守ろう みんなの地域』
春の全国交通安全運動 4月6日〜4月15日 2018/04/02
「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動基本に、重点項目は(1)全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、(2)自転車の安全利用の推進、(3)飲酒運転の根絶、です。なお、4月10日は交通事故死ゼロを目指す日です。
サイバーセキュリティ月間 2月1日〜3月18日 2018/02/01
インターネット上の違法行為が後を絶ちません。セキュリティへの理解を深め、対応していく必要があります。
■知る:安心・安全・便利なインターネット環境を構築するためのポイントを「知る」。
■守る:サイバーセキュリティ上の脅威から、身を「守る」。
■続ける:移り変わるサイバーセキュリティ上の脅威に対して対策を「続ける」。
労働安全衛生運動(年間標語)1年間 2018/01/05
職場の安全を確保し、労働災害の減少を図るためには、経営トップが率先して職場における安全意識・取組を再度認識し、従業員と協力してリスク低減措置の実施や、安全管理活動を充実・強化する事が求められています。平成30年の安全衛生の年間スローガンは『健康な心と体で安全作業 目指すは笑顔の無災害』です。
謹賀新年 2018/01/01
2017年のご愛顧、心から感謝申し上げます。
誠に有難うございました。
新年2018年も技術と情熱と信頼を旨に
より一層の進化を心掛けてまいります。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
第46回年末年始無災害運動 2017/12/15
12月15日〜1月15日の1ヶ月間は年末年始無災害運動です。年末は何かとあわただしく、安全や健康の保持に特に注意を要します。年末を無事故で過ごし、明るい新年を迎えられるよう、本年度のスローガンは「無事故で締めよう 行く年を 無事故で誓おう 来る年に」です。
土木の日 11月18日 2017/11/18
明治12年11月18日、工学会(現:日本工学会)が設立されました。また、「土木」という文字を分解すると「十一」と「十八」になることから、土木学会、日本土木工業協会などが建設省(現:国土交通省)の支援で、昭和62年に記念日に制定しました。

トップページへ- Topics Board -